calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< May 2014 >>

categories

archives

アメリカの不登校対策

外国では法律も行政の対処も、整備されています。

アメリカの場合は

子供の教育を受ける権利の侵害として捉えられており、

適切な処理をする事が義務付けられています。


不登校はIDEA(障害者教育法)やリハビリテーション法を適応して、

精神科医などの専門家たちにより迅速に対処されるのです。


さらに、長期化する不登校を学校や家庭で抱え込む事は、

法律で禁止されています。

そして、それに従わない場合、処罰されます。


個人主義のアメリカでも、教育を受けるべき時に、

子供が学校にこれないという事は、大問題なんですね。


心の問題を、科学的な目でちゃんと見ている事に、

日本も着目すべきでしょう。


自己責任という言葉で片付けてしまっている日本は、

おおいに反省すべきだと思います。




コメント
コメントする